ポケットwifiがあると、ネット通信が必要な時にどこでも通信環境が整えられます。
ポケットwifiがデジタル端末と通信基地局の間を取り持ち、wifiのアクセスポイントを身近に作り出します。

 

この機器の利便性が知られると共に、利用者が増えてきました。
ポケットwifiを扱う店舗も各地で見られるようになっています。

 

ポケットwifiを購入する際には、どのショップを選ぶかの判断が費用節約に影響します。
店舗によっては各種の割引などのキャンペーンを実施している場合もあり、通常価格で購入するよりも断然にお得です。

 

ポケットwifiのイニシャルコストを節約できるポイントの一つは、本体価格の割引を活用する事です。

 

ポケットwifiの本体のみであると、数万円の費用が掛かるのが一般的ではあります。
しかし購入と共に回線の契約をセットで申し込むと、大幅な割引が受けられる場合もあります。
またキャッシュバックキャンペーンを行っているショップも多く、契約が成立すれば一定額のキャッシュバックが受けられるのがお得です。

 

 

あるいは契約時に支払う必要がある事務手数料が無料になるかどうかも、確認すると節約につながります。
その他、ポケットwifiは実店舗だけでなく、通信販売でも購入や回線の契約が可能です。

 

通販での購入方法は直接店舗に立ち寄る必要性がなく、またショップの選択肢が幅広いのも大きなメリットです。

 

一方でネットショップへの申し込みが完了してから実際にポケットwifiが利用できるようになるまで、しばらく時間がかかる点には注意が必要です。
すぐポケットwifiを利用したいのであれば、取り扱いのある近隣の店舗で購入手続きを行った方が向いています。

ポケットwifiとは

ポケットwifiとはタブレットPC、ノートパソコン、携帯ゲーム機などを無線でインターネットに接続するための機器の一つです。
機器がポケットに入るくらいの大きさで、wifi(無線LANの規格の一つ)でネットに接続するのでこう呼ばれています。
本来はY!モバイルの登録商標なのですが、他社の同じようなサービスについてもこう呼ばれることがあります。
正式名称はモバイルwifiルーターといいます。

 

スマートフォンのテザリング機能を使えばポケットwifiと同じことができます。
わざわざポケットwifiを使うメリットは何でしょうか。

 

 

一つ目は複数の端末を同時に接続できることがあげられます。
回線契約している機器かこれ一台だけでも外出先で家族や友人とネットを楽しむことができます。

 

二つ目は初期設定だけすれば後は接続のたびに操作する必要がないところです。
テザリング機能は使うたびに操作が必要になるため面倒です。

 

三つ目は長時間使用できるところです。
ポケットwifiはインターネット接続以外に電力を使用しないため、スマホのテザリング機能と比べてバッテリーが長持ちします。

 

四つ目は通信料金を節約できることです。
スマホをポケットwifiに接続してその分スマホのパケット通信を抑えれば、料金が安くなる可能性があります。
また一人暮らしであれば自宅の光回線を、ポケットwifiの通信容量無制限プランに置き換えることでも通信料金を節約できます。

 

ポケットwifiのデメリットとしては専用機器がかさばることがあげられます。
また光回線と比べて上り速度が遅い、通信が安定しない、通信速度に制限がかかることがある、などのデメリットがあります。

 

ポケットwifiサービスを提供しているプロバイダとしてはY!モバイル、UQ WiMAX、docomo、au、softbankなどがあります。

https://pocket-wifi-hikaku.biz/